【給排水配管工事と鉄骨間仕切解体】

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


岐阜県各務原市の空き家を高齢者デイサービスに改修するため工事が進んでいます。

増築部の上部構造躯体工事をDIYで進めつつ、給排水配管工事はプロ職人に依頼して工事を進めています。

公共下水エリアなので市の検査もありますので、市の指定業者で指定の配管や排水枡などを使って、既設の配管へ新たな設備から給排水ができる様に確実な工事を行なっています。

また、増築部の内部に電気メーターが入ってしまったので、電柱からの引き込み線の引込口の位置や、電気メーターや配電盤位置も変更して電気配線工事もプロ職人で行なっています。

電柱からの引き込み線が2芯なので30Aまでしか対応できないため3芯の引き込み線に交換して60A対応にする予定です。

ツーバイフォー工法で増築部が出来たので、軽量鉄骨造の物置との境の壁を撤去して広く使える様に間仕切を変更します。

古い木造工法と軽量鉄骨造にツーバイフォー工法で増築という混構造建物になりますが、木造部分は耐震補強も行います。

- #給排水配管工事
- #鉄骨解体工事
- #高齢者デイサービス
- #増築工事
- #電気配線工事
- #耐震補強
- #公共下水エリア
- #DIY工事

水道プロ職人により排水配管工事

電気プロ職人による電気メーターと幹線移設工事

既存木造と軽量鉄骨造に枠組壁構造で増築
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ