【畳を撤去し断熱と合板貼り】


換気扇を撤去したリフォーム現場では大工さんの床貼り工事が始まりました。

畳を撤去した杉板下地をビス締めしてから床根太を敷き並べ固定してから断熱材のスタイロフォームを敷き込みます。

その上に合板を貼り大工工事は完了です。

広縁との間の敷居も撤去して広縁の床レベルと同じ高さで仕上げましたが、広縁を含めて一部屋にするために床はフロアタイルを一面に貼っていきます。

奥の洋間のフローリングはそのままで使いますが、和室から洋室へのリフォームニーズは多いですね。

日本の畳文化が減っていくのは寂しいです。

畳を撤去して杉板下地にビス留めして締めます。

根太を敷き込み断熱材を入れます。

合板を貼りフロアタイル下地を作ります。