各務原で断熱改修リフォームをお考えならタグチホーム

  • HOME
  • 断熱改修リフォームについて

断熱改修リフォームについて

「室温が外気温に影響される」、「冷暖房を使っているのに、部屋ごとの温度差に悩まされる」と言ったご相談をウケることが多いので「断熱改修リフォーム」についてお伝えしようと思います。

築年数が経過した住まいだと、外壁の断熱がされていない家、断熱材が薄っぺらい家など、結構あります。

暖房を使っても寒い、冷房を使っても暑い原因は右の図のように「屋根、天井」、「窓・ドア」、「外壁」、「床」と様々な部位から熱が逃げてしまうからなのです。光熱費だって必要以上にかさんでしまいます。

そんなお悩みを改善でき、快適な生活と省エネ効果が高いリフォームが「断熱改修リフォーム」なのです。
断熱改修リフォームの必要性

断熱改修で家の資産価値が上がる?

 断熱改修リフォームは「快適な生活」、「省エネ効果」以外にも以外と思われる効果があります。
 住宅ローンの終わる築35年を過ぎた頃から、建て替え問題が頭をもたげてきますが、「外断熱なら100年以上建て替えの必要はない」とされ、その耐久性が資産価値の向上につながります。理由は、断熱材で覆われて外気に触れないコンクリートが、昼夜、夏冬の温度変化で伸び縮みしにくいためです。コンクリートが伸び縮みするとヒビが入りやすくなり、そこから雨水などがしみ込み、中にある鉄筋をサビつかせることになります。コンクリートは、アルカリ性なので鉄筋をサビから守っているが、外気に触れる状態だと中性化して鉄筋周辺が湿潤になりサビが発生しやすくなります。

熱が逃げてしまう部位

 住宅の部位は、大きく分けて「屋根、天井」、「窓・ドア」、「外壁」、「床」があります。一軒の住宅における熱損失の割合は、各部位の表面積とその部分の熱の通りやすさで決まります。

窓・ドア 窓やドアを含む開口部は外気の影響を受けやすい部位です。窓そのものを断熱性能の良いものに交換できない場合は、冬季の夜間は雨戸を閉める、雨戸がない場合は断熱性能の高い断熱スクリーンや断熱性の高いカーテンを使うことで、寒さの侵入を防いでくれます。
また、窓辺に暖房器具を設置することで、冷気の侵入を抑えてくれる効果があります。
断熱不足や漏気により床(足元)が冷えていると、せっかく暖房しても暖かいのは頭の方だけで、人にとって快適な環境であるとはいえません。床に断熱材を設置して漏気を防ぐことで床
表面温度を上げ、室内の上下温度差や温度むらを小さくすることができます。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下にたまるので、 断熱改修などが無理な場合でも、床面にカーペットを引くなどして足元の温度をあげる工夫をしてみましょう。
屋根・天井・外壁 屋根や天井の断熱を強化することで、冬の暖房時に屋根や天井から暖かい空気が逃げていくのを防ぎます。また夏の水平面は大量の日射熱を受けるため、夏の屋根の表面温度は60~70℃にも達します。
屋根や天井断熱によって、日射熱が室内に入るのを防ぎます。(※屋根断熱の場合には通気層、天井断熱の場合には小屋裏換気が不可欠)
外壁も同じように断熱性能をあげることで、暖房や冷房に係るエネルギー消費率を下げることにつながります。

 窓・ドアのような開口部は全面積の25%程しかない場合でも、熱の損失量は壁面の約2.5倍になっています。 「新省エネ基準」に対応した一般的な木造住宅でも、開口部の熱の通りやすさは壁面の10倍近くで、窓の断熱性能は他の部位に比べて極めて低いという事実もあります。
 ただし、断熱の方法や度合いは、住まいの状態によって様々ですので、お客様の住まいにとって適切な施工がされなければ、期待した効果は望めません。住まいの状態を正しく分析し、本当に必要な工事を実施できる業者にお願いすることが重要です。

断熱改修リフォームのお問い合わせはこちらから


断熱部位別の施工事例

 タグチホームはこれまでに、優れた断熱性・気密性を兼ね備えた木造やツーバイフォー工法の省エネ住宅の新築、分譲住宅を数多く手がけ、その技術をリフォームの分野にも活かしてきました。 住まいを高断熱・高気密化するために必要な知識と技術を培ってきたので、窓サッシから全面断熱工事に至るまで、お客様の住まいに合わせたご提案が可能です。

各務原市緑苑南 S様邸 美濃市立花 O様邸 各務原市鵜沼大伊木町 N様邸
窓の断熱を含む施工事例 外壁、天井、床の断熱を含む施工事例 外壁、天井の断熱を含む施工事例
窓の断熱を含む施工事例 外壁、天井、床の断熱を含む施工事例 外壁、天井の断熱を含む施工事例

タグチホームの断熱リフォーム

 タグチホームでは、ご家庭の年間エネルギー使用量や光熱費などの情報をもとに、お住まいの気候やご家庭のライフスタイルに合わせて無理なくできる省CO2・省エネ対策をご提案するための診断を実施しています。
空調設備に頼らなくても快適な空間を創ることで、余分な高熱費を削減するだけでなく、家族の健康を守ることができるのです。
タグチホームでは、資格を持った専門家が診断を実施します。
サッシの取り替えならまだしも、壁・床の断熱が適切に施されているかどうかは、工事が終わってしまうと見た目で判断することが難しいので、工事に入る前に診断を受けられることをおすすめします。
断熱改修リフォームのプロ うちエコ診断士認定証
断熱改修について詳しく知りたい方はこちら

断熱改修リフォームのお問い合わせはこちら



「損をしない!」住まい創りとは? タグチホーム 岐阜 各務原 リフォーム

まずは相談・診断してみよう

失敗しない住まい創り相談会 建築士が教える タグチホーム 各務原 リフォーム
住宅診断 各務原市 リフォーム 各務原市 耐震診断 リフォーム 各務原市 うちエコ診断 リフォーム